忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
Stay Clean








というわけで、先週末はOSJ氷ノ山トレイルでした。全然知らなかったのですが、FJTさんとニアミスだったようで。かたや優勝、かたや這う這うの体でゴール・・・

正直、きつかった。FAN DANCE RACEから2週間、疲れがあったとは思ってなかったけど、ダメージは残ってたか。

久しぶりに、家族で遠征。

土曜日、息子のプール後、一路鳥取へ。

朝は4時に移動予定なので、3時には起きねば、と思ってると、1時半に、寝過ごしたかも、と目覚める。もう少し寝たいが、寝るとほんとに寝過ごしそう。
なので、用意を始めて、いざ出発。眠い。

会場は5度とか。寒い。
そして、ここ数日、調子の悪かった喉はあいかわらず調子が悪く、痰が絡んで咳きがとまらない。

ビビッて、ベスト、ネックウォーマーに手袋、アームカバー。絶対暑くなるだろうなぁと思いながらも、冷えて体調が悪化するのも嫌だし。で、やっぱり1,2時間で脱ぐ羽目に。

そうこうしているうちに、6時スタート。いつもどおりほぼ最後方。

いきなりゲレンデの激登り。一気にふくらはぎが逝ってしまう。これはきつい。時折咳き込み苦しい。

ここはがまんだ。うーん、斜面が苦手だな。階段はかなり余裕があるのに。走り方が下手なんだろう。走りこみも足りないな。

で、ゲレンデを抜けて登山道。

そして、いきなりハイライト、氷ノ山。

こ、これは・・・

めっちゃきもちいい。最高だ。トレイルも楽しいし、頂上あたりは一面の薄野で、超爽快。いやいや、参加した甲斐があったってもんだ。

なんて、調子こいてると、すっ転ぶ。派手に一回転。うまくザックがクッションとなって、肘を少しすりむき、腰を打ったくらいですんだのが不幸中の幸い。

そんな気持ちのいいトレイルも、鉢伏山を越え(覚えてないですが)、苦しいゲレンデ下りでお別れ。今大会を通じで実感したのは、自分の下りのスキルのなさ。これはどうにかしたいな。

そして、第一関門から地獄の舗装路。舗装路はだめだ。これは早く走れないし、楽しくないし。これはまぁあんまりどうにかしたいと思わないな、楽しくないし。どうにかしないとタイムはよくならないのだけれども。

そして、33~37kmの間のトレイル、これはかなりヤバい。まじで滑落するかと。普通ならそんなに問題ないかもしれないけど、前の走者でかなりズルズルになってるし、自分の足も結構きてて、踏ん張れないし、で何度か滑る。手は泥だらけ。トレイル区間でこれほど苦しむとは想像してなかった。しかし、これはこれで楽しい。

抜けたらエイド。驚愕の事実が発覚、これでまだ半分くらい、そして聞くところによると、ラスト20kmエイドなしの容赦ないレイアウトとか。・・・コースはちゃんと把握していないといけないな。心折れそうになる。

そしてまた地獄の舗装路、颯爽と抜かれ去る。いつも思うですが、もう、タイムとか順位とかいいや、そんなの考えられない、とにかく早くこの地獄から抜け出したい。

第二関門では少しゆっくり、地元の方々の応援が身にしみる。そして登山道へ。

歩くような斜度の急坂よりも、がんばれば走れるような微妙な登りがきつい。途中舗装路もきつい。登山道で抜かした選手にすぐに舗装路、林道で抜き返される。しかし、もう他の選手がどうとかより、とにかく自分のことで精一杯。

第三、最終関門。なんとか1時半くらいに通過。目標は10時間切り、ということは、4時までにゴールしないといけない。あと2時間半、20km2時間半か。林道とはいえ、アップダウンはほとんどない。なんとかがんばればいけるか。しかし歩いてしまってはかなり厳しい。

なんとか歩かないようがんばるも、どうしても気持ちが切れてすこし登りになると歩いてしまう。いかん、1分でも早くゴールしたい。歩けばそれだけゴールが遠のく。

3時も過ぎて、最後の補給食、おにぎりを取り出し口に入れるも、飲み下すのがつらい、少し吐き出してしまう。お腹も弱っているのか、食後走り出すと、いつも以上に不快感。もう甘いものは脳みそが受け付けない。まったく口に入れる気が起こらない。

ああ、つらい、この単調で、足に刺さるような林道はつらい。気候のよさがせめてもの救いか。

そして、遠くに昨日受付した建物が見える。やった、ゴールはあの付近だ。もう、道なき道を直線で攻めていきたいぜ、と。

また杉の植林に突っ込む、もうとっくに飽きた。しかし、ゴールは見えてきた、あと少しのはず。

そして、やっぱり最後は舗装路か。ここにきての舗装路は足に悪い、足の甲まで突き抜けるような痛み。UTMFで味わったような膝の痛みはないものの、膝、ふくらはぎ、腿、腰、どこもかしこも痛い。
ただ気持ち悪さがないは助かった、痛みは我慢すればいい、頭痛やら吐き気やらがあると、私の弱い心はあっさりとぽっきりと折れてしまう。

カーブを曲がって後2kmと声をかけていただく。キロ5分で10分、あと10分の我慢。
時計を見ると3時半すぎ、なんとか10時間切れそうだ。

しかし、10分たってもまだゴールらしい雰囲気がない。あそこがゴールの建物、というのが展望が開けるたびに見え、カーブを曲がるとまた見えなくなり、を繰り返す。焦らされる。

そして、ああ、ゴールが見えた。ゲレンデを下ってゴールだ。

何とか目標の10時間を切れたし、なにより、一度も、もうやめたい、と思わずに走れたのはよかったかな。そして、もっていった痛み止めを飲まなかったことも。正直、なんど飲もうと思ったことか。

コースもよかった、もっとトレイルがあるといいけどなぁ、それは難しいか。沿道の声援も、なんかとても身にしみるというかありがたかった。雰囲気かな。

Motorhead - Stay Clean
PR

宿で
宿のおかみさんが丁度氷ノ山のレースの話してました(^^)
私もハチ高原は誰にも言わず参加しました。
FJT 2014/10/21(Tue)23:49:27 編集
○この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新CM

[10/21 FJT]
[06/15 かまたに]
[06/15 かまたに]
[06/15 かまたに]
[06/15 かまたに]
[06/14 Nまめ]
[06/13 岡本はは]
[06/12 まじこ]
[06/12 おくN]
[05/04 ニシ]

最新記事

(10/16)
(10/05)
(09/26)
(07/24)
(05/25)

プロフィール

HN:
KAMA
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1981/09/15

バーコード
ブログ内検索


FX NEWS


-外国為替-

忍者ブログ [PR]