忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
ブロック・パーティー

昨日、練習後、映画「Block Party」を見てきました。

正直、ラップもHIpHopもさっぱり分かりません。出演者のうち、かろうじてローリン・ヒルを一度聞いたことがある、蟹江敬三じゃなかったカニエ・ウェストの名前を知ってるくらい。

ラップといえば、Rage Against The Machineくらいか。ぶっちゃけ、流行ってるから聴いてるヤツが多いんじゃないの?なんて思ってました、そういうのは自分は好きじゃないですね。メロコアが流行ればパンクスになり、HipHopが流行ればB-Boy(っていうの?)になり、あの夏はアレが好きで、今年はやっぱりこれが流行でしょ、とか。

僕はたぶん一生、メタルだ、パンクだ、ハードコアだ、なんていってると思う。そう思えるものに出会えたってのは幸せだと思う。まぁ「良識のある大人」には「雑音」なんて蔑まれるけど。

でも、分かりもしない、楽しめない音楽をしたり顔して聞いてるよりはね、自分に合ってるのを聴いてるほうが楽しい。

もちろん、一つの音楽に一生をささげて、なんていうつもりはなく、自分も最近はいろんな音楽を聴こうと思ってます。要は、自分がいいと思うもの、好きなものを、自分の感性で判断すべきじゃないかな、ということ。

あれはもうダサい、これが流行り、これ聞いてないとやばい、とか、僕には意味ないですね。だからダサいメタルを聴いて、時代遅れのパンクを聞いてます。

 

おっと話がそれた。ブロック・パーティーの話。


 

いやいや、かっこいいわ。本当にかっこいい。良かった。

 

何が良かったって、もっと黒人差別を訴えたりしていく、小難しい話になっているのかと思えば、そうならなってない。もちろん、主義主張はあります。歌詞なんかはかなりやばかったりする。

でも、迫力ある、楽しく、激しく、スピーディに展開していくステージングで、小難しくなってない、頭でっかちになってない。

企画したコメディアン、デイブ・シャペルって全く知りません。ジョークはそんなに面白いとも思わなかったけど、いつでも頭使って笑かすこと考えてて、楽しむこと考えてて、きわどいジョークもジョークと笑い飛ばして。

それでいて、それだからこそかもしれませんが、すごくいい人なんだろうなと思いました。優しいというかなんと言うか。

それと、シャペルの出演アーティストへの敬意が良く現れてたのも気持ちよかった。

 

出演アーティストでは、やっぱりローリン・ヒルが圧倒的。もってるオーラ、雰囲気が違う。これがスターなんだと素直に納得。

 

でも、個人的に一番キタのは、エリカ・バドゥ。なんか知らんが、本当に鳥肌が立ちました。何でだろう?自分でも良く分からないけど、(なんかすげ~)と一人で感動してました。めちゃかっこよかった。ダイブもしてたしね。

 

気持ちいい映画でした。自然と体が動く、手が挙がる、そんな映画。ヒップホップなんて、って思ってる人もゼヒ。

PR

○この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 

○この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新CM

[11/22 GemmaBryden]
[10/21 FJT]
[06/15 かまたに]
[06/15 かまたに]
[06/15 かまたに]
[06/15 かまたに]
[06/14 Nまめ]
[06/13 岡本はは]
[06/12 まじこ]
[06/12 おくN]

最新記事

(07/12)
(12/06)
(11/21)
(10/25)
(10/16)

プロフィール

HN:
KAMA
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1981/09/15

バーコード
ブログ内検索


FX NEWS


-外国為替-

忍者ブログ [PR]